地デジアンテナで進化したテレビ

ひと昔前まで、日本のテレビ放送はアナログ放送が一般的でした。ですが、より高品質な映像をテレビで発信する方法として登場したのが地上デジタル放送です。アナログ放送の場合、電波が反射することによって発生する映像や音声のずれなどのゴースト障害が発生したりすることがありましたが、この地上デジタル放送の登場によってこういったこともなくなりより快適に高品質なテレビ映像を楽しむことができるように進化していきました。

地上デジタルが登場したのは2003年のことで、この年から導入がスタートしました。2011年にはアナログからデジタルへと完全移行したため、現在はアナログ放送ではなくテレビの放送はデジタル放送で放送されていることになります。この地上デジタル放送の登場によってテレビで今まで以上に色々なサービスが提供されるようになり、高品質な画質を楽しむだけではなく、2~3番組を同時に見ることができるようになったりと人によっていろいろな楽しみ方ができるようになっています。

地上デジタル放送が登場してからは、テレビも地上デジタルに対応したものが登場しており、現在では地デジ対応したテレビというのが非常に一般的なものとなっています。地上デジタルに対応しているテレビでなければ地上デジタル放送をみることができませんし、地デジアンテナの工事も必要になります。従来のアナログ放送対応のテレビであっても、デジタルチューナーを利用することによってテレビを視聴することが可能になっています。